読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンドバッド 秘宝“メドゥーサの心臓”と復讐の女神

SAMPLE The Asylum 未公開

f:id:mash1966:20170310213926j:plain
5/2リリース ニューセレクト

原題は'Sinbad and the War of the Furies'。アサイラム作品が五月にもう一本リリース! こっちは、あのシンドバッドをモチーフにした秘宝アドベンチャーです。主演は「ザ・ストーム」のジョン・ヘニガン。監督は「マーズ・オデッセイ」のスコット・ホイーラー、脚本が「ZOOMBIE ズーンビ」のスコッティ・ミューレンです。

あの伝説の英雄の血を引くトレジャーハンター、シンドバッド。今日もメキシコの洞窟で“メドゥーサの心臓”と呼ばれる魔石を手に入れる。洞窟で出食わしたロシア人たちを振り切り、石を古物商に売り払って帰宅したシンドバッドだったが、そこに謎めいた三人の女たちが現れて…。

ロシア人の差し向けた追っ手と思われた女たちの正体は、何とギリシャ神話に登場する“復讐の女神”だった! こうして、恐るべき力を秘めた魔石を巡る三つ巴の戦いが始まる!!という展開です、一応。

で、主人公がシンドバッドなのに何故ギリシャ神話? とか、だったら舞台が何故メキシコ?? みたいな、初っ端からアサイラムらしい頭の悪さ全開(w。一応、終盤には魔法のランプや魔法のじゅうたんが出て来たり、航海に出たシンドバッド一行が向かう先がロサンゼルスの中でもイラン人街になってたりと、中途半端にシンドバッドを意識してはいますが。

実は、脚本はソコソコには出来てる作品でした。すごく面白いワケじゃないですが。しかし、映像の方が全くスケール感の無いヒドさで…。特に、元WWEスーパースターであるヘニガンの一番の見せ場であるド突き合いの舞台が、狭っ苦しい部屋の中ばかりというのは…。

それと、主人公の恋人兼学者さん、復讐の女神×3人、更に何故か女性化されたジーニーと、出て来る女性キャラに揃いも揃ってハナが無いのも残念な点。こんな感じの、実にアサイラムらしい凡作でした。

未見のスコット・ホイーラー監督作。

シンドバッド 秘宝“メドゥーサの心臓”と復讐の女神 [DVD]

シンドバッド 秘宝“メドゥーサの心臓”と復讐の女神 [DVD]

mash1966.hatenadiary.com
アサイラムが以前作った“シンドバッド”映画。
mash1966.hatenadiary.com
mash1966.hatenadiary.com
mash1966.hatenadiary.com