読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリフォルニア・ディストラクション

カリフォルニア・ディストラクション [DVD]
9/2リリース プライムウェーブ

原題は'San Andreas Quake'。ようやく日本での劇場公開の目処が立った「カリフォルニア・ダウン」に我らがThe Asylum社が便乗して作った大地震パニックです。主演は「ポンペイ2014」「ヘンゼルVSグレーテル 最強魔女ハンター最後の戦い」のジェイ・キャッスルズで、「スリーピング・ビューティー 眠れる森の美女と呪われた城」のグレイス・ヴァン・ディーン(キャスパー・ヴァン・ディーンの娘)が共演です。監督・脚本のジョン・バウムガートナーは知らない人。

地震学者モリーが作った検知システムの予測どおり、マリブを震源とした地震が発生。だがその直後に、カリフォルニア南部でのマグニチュード10クラスの大規模地震の発生をシステムは予測して…。

この後は、ヒロインの地震学者は近くで働く義理の娘の救出に向かって…という、B級ディザスターパニックの定番のストーリーです。

というかですね。最近は細かいところはまだまだアレだけど多少はマシになってきたアサイラム作品の中で、コレは久々にかなりダメダメな出来でした。

映像の撮り方等は、CG方面はかなりマズいけど、まだ普通。でもディティール部分がヒドくて、代表的なのが、ヒロインの作った地震予測システムの数値をアウトプット出来るのが彼女が持ってるタブレットのみ! おかげで、地震の影響かWi-Fiの電波が来ないだけで使い物にならなかったり、電池切れを起こしたり…。そして、そのデータをお偉いさんに送っても、それを解析した表が手書きの折れ線グラフ! しかも、定規を使ったのかも怪しい汚さ!!

キャラ造形も似たレベルだから、誰一人として魅力的に見えない、どころか、マトモなヤツがほとんどいない(ように見える)有り様!! 特にヒドいのがヒロインで、そりゃ義理の娘も反抗するよ!という。

こんな感じで、いつもの愛すべき駄作というアサイラムクオリティの、更に下を行く駄作でした。特にこのジャンルだけに、もうちょっと真面目に作らなきゃダメだよなあ。

カリフォルニア・ディストラクション [DVD]

カリフォルニア・ディストラクション [DVD]