読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T-フォース ベトコン地下要塞制圧部隊

DVD ウーヴェ・ボル 未公開


5/5レンタルリリース シネマファスト

原題は'Tunnel Rats'。ウーヴェ・ボル大先生によるベトナム戦争映画です。キャストは地味で、マイケル・パレがチョロっと出演してるくらい。

1967年、ベトナムサイゴン郊外のクチに展開していた米軍は、ベトコンが地下に迷路のごとく掘ったトンネルの存在に苦しめられていた。ようやく発見したその入口に兵士たちを送り込んだのだが…。

まず冒頭。ベトナム戦争映画の定番として当時のヒット曲、今回はゼーガーとエバンスの『西暦2525年』をバックにスタート。あれ、何かイイ感じの始まりだなと思ったら、その後もあれ? あれ!?

ボル映画特有のヌルいテンポと意味不明の編集。それらによって生まれる気怠さが、「ザ・テロリスト」の場合は主人公の電波具合にリアリティを与えていましたが、今回は明日の命も知れぬ状況での絶望感みたいな兵士たちの心情に妙にマッチ。おかげで、こちらもボル映画お約束のダラダラした会話が続いても、何だかニューシネマ的なイイ感じのモノに見えてしまいます。

と、序盤は驚くくらいにマトモ。むしろ面白く見られるくらい。ただねぇ。本作の見せ場であるはずの地下トンネル突入の件になってからが…。

当然のようにトンネルの中は真っ暗。それでも上手い監督ならちゃんと状況を説明出来るところでしょうが、ボルのテクニックでは単にワーワー言ってるだけで、見てるこっちには何が起こってるのかさっぱり判らない。

その間、地上でも戦闘が! という展開なんですが、こちらも米軍とベトコンをちゃんと差別化してないから、まるで味方同士で撃ち合ってるように見える始末。

最後も良い話風に〆てるつもりみたいだけど…。ただ、序盤のイイ感じは監督としての成長を認識させるに十分。首吊り! 脳天串刺し!! みたいな残酷シーンもあるから、ボル映画好き(タダヲさん以外にいるのか?!)は必見という事で。

In the Year 2525

In the Year 2525

  • Zager & Evans
  • ポップ
  • ¥200
※オープニングを飾るのはこのナンバー
T-フォース ベトコン地下要塞制圧部隊 [DVD]

T-フォース ベトコン地下要塞制圧部隊 [DVD]