エイリアン:ファイナルカウントダウン

原題は'Alien Reign of Man'。「エイリアン:コヴェナント」に便乗してリリースされるSFアクションです。監督・脚本は「エクソシスト・キルズ」のジャスティン・プライス。

DEMOという名の惑星にやって来た地球人の戦士たち。地球を救う“鍵”を見つける為にここに来たのだが、凶暴な生命体に襲われて…。

とか何とかいう設定、の筈なんですが、何だかよくわからないうちに殺風景な海岸に到着。以後、“皇帝が〜”“ウイルスが〜”と、何とも掴みどころのない会話がダラダラ続く…。

と思ったら、編集のミスかと思うくらい唐突に“エイリアン”が襲来!

と思ったら、またダラダラした会話が…といった事の繰り返しが延々と続くから、もう眠たくなって仕方がありませんでした。

映像は、パッと見は良いものの、よく見れば背景はモロに“絵”だし、“エイリアン”のCGもショボショボという残念な出来。

こんな感じで、「エクソシスト・キルズ」も大概だったけどコレは更に…な作品でした。


mash1966.hatenablog.com