Mr.ウッドコック 史上最悪の体育教師

Mr.ウッドコック-史上最悪の体育教師- [DVD]

Mr.ウッドコック-史上最悪の体育教師- [DVD]

原題も'Mr. Woodcock'。ビリー・ボブ・ソーントン、ショーン・ウィリアム・スコット、そしてスーザン・サランドン主演のコメディ映画です。共演は「マイネーム・イズ・アール」のイーサン・サプリー、「俺たちフィギュアスケーター」のエイミー・ポーラー、「守護神」のメリッサ・セイジミラー。

子供の頃、肥満児だったせいで体育教師から目の敵にされ、理不尽なまでにシゴかれていたジョン。しかし、そんな少年時代のトラウマからの脱却を綴った本が全米でベストセラーに。故郷から名誉市民として祭の日に表彰される事になり、久々に帰郷してみると、女手一つで育ててくれたママに新しい恋人が出来ていた。ところが、その恋人とはあの鬼体育教師ウッドコックで…。

何しろこのキャストですから、当然最後は判り合って…というゴールが見えている訳です。しかしホントにそうなるのか? と疑ってしまうくらいに、ソーントンの鬼教師ぶりが酷過ぎる! 主人公同様に体育の時間がイヤでしょうがなかった元肥満児*1には見るのが耐えられないくらいに!

今も変わらず子供たちに体罰を振るうウッドコックを見て、こんなヤツと優しいママが結婚するなんて!? といきり立つ主人公が、かつて同じ様にシゴかれた旧友と共にウッドコックの正体を探るという流れ。しかし話が進むうちに、ウッドコック以外の街の男たちもアメリカの田舎者らしく封建的で口汚く偏屈者揃いなのが判って来る。ウッドコックもプライドからか優しく接する事が出来ない(知らない)だけ。一方のジョンが書いた自己啓発本はというと、皆‘人生が変わった!!’と褒めてくれるものの、実際は何も変えられてない事を思い知らされて…。

って事なんだとは思うんですが、正直言って、ウッドコックの良い部分を映画の中でちゃんと描けてるとは良い難い。ジョンのわだかまりが解ける過程も同様で、お陰で二人が和解してもホントに判り合えてるとはとても思えず、何かスッキリ出来ませんでした。

個性的な脇役陣も活かし切れてないし、劇場未公開なのも納得の凡作だと思います。

*1:ああそうだよ、自分も昔はデブってましたよッ!!