NO EXIT/ノー・イグジット

f:id:mash1966:20180119201751j:plain:w130
3/2レンタルリリース ミッドシップ

原題は'Crush the Skull'。WOWOWで先行放映されたスリラー映画です。主演は「シャークトパスVSプテラクーダ」のケイティ・サヴォイ。その他のキャストや監督はよく知らない人たちですが、アジア系多め。

空き巣カップルのオリーとブレア。ワケあって借金を背負った二人は、同業であるブレアの兄と一緒にある家に忍び込む事に。だが、入って早々に閉じ込められる彼ら。しかも、地下室からは大量のスナッフビデオが見つかって…。

出口を探しているうちに主人が帰ってきた! 慌てて地下室に隠れると、そこはまるで迷宮。しかも、拉致監禁されたらしき女まで見つかって…という展開です。

で、誰もが思うのが「ドント・ブリーズそっくりじゃん!という事。まあ、実際は本作の方が先に製作されてたし、正直無いプロットじゃないですからね。「ドント・ブリーズ」のキモは、忍び込んだ家にいたのが盲目で屈強なスティーヴン・ラングという点だし。

で、本作の場合はそれがサイコキラーだった?!というトコ。そして序盤から結構な血量が!…なんですが…。

そんなスラッシャーと言ってもいいくらいに凄惨な要素満載なのに、本作はコメディとまでは言いませんが、全編気の利いてる“風”で実際は大して面白くないセリフを登場人物たちがベラベラ喋り捲くる…。おかげでちっとも怖くない…。

終盤の展開やオチは、この規模の作品にしては考えられてたトコを見ると、頑張りは伝わるんだけどなあ。パッとしない他の役者たちに比べて、美人過ぎるヒロインといい、何ともヘンテコな作品でした。

というか、メーカーはこんな“IT/イット”風じゃなくて、ちゃんと“ドント・ホニャララ”な邦題にすべきだったのでは?