読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ピクロスDS』購入!!

雑感

ピクロスDS

ピクロスDS

 待ちに待ってた本家本元*1のリリース! 勿論、発売日に即買い!!
とりあえずササッとイージーをクリアしての感想。最初にペンタッチかボタンかを選べるのは良いし、何と言ってもマスを潰した時のサクッという感触が最高! そうそうこういう感じだったなぁと嬉しくなりました。この感触を味わうと、もう他のには戻れないかも…。
と言う訳で、鬼の居ぬ間にリリースされたDSのイラストロジックorお絵かきパズル系ソフトの感想をまとめて書きたいと思います。順番は発売日順。

お絵かきパズルバトル 勇者王ガオガイガー編

これは以前詳しく書いたので省略。DS最初期を代表する駄ゲー。
ガオガイガー+お絵かきパズル=クソゲー…
いつか星の海で

SIMPLE DSシリーズ Vol.7 THE イラストパズル&数字パズル

1000問収録+数独系パズル1000問というのはお徳ですが、如何せん操作性が悪過ぎる。マス目が小さ過ぎてミスタッチが続出、かと言ってボタンだけでも遊べない。正解の絵を見ても首をかしげるものがあったり、正解タイトルの文字化けが多数あるのも気になった。とは言え問題数はダントツトップ。操作性はやってれば慣れる範囲だし、黙々と問題をこなしたい人ならオススメ。

パズルシリーズ VOL.6 イラストロジック

流石に老舗ハドソンの力を伺わせる良作。数字の拡大機能等、親切設計なのも良い。“ピクロス”じゃなきゃ許さないって人以外は買って損の無いソフトなのでは。敢えて難を言えば、やはり300問という問題の少なさくらいでしょうか。

DSパズラーナンプレファン&お絵かきロジック

何時の間にやら発売されていて、買うのに苦労しました。地味なパッケージから察せられる様に、いわゆる“知育”をかなり意識したソフト、それも悪い意味で。縦持ち&タッチプレイがデフォで、変なグラフまで出る! 問題を解いても余り快感が沸かないのは大問題でしょう。何故『脳トレ』が売れたのか、そして何故皆が続けてるのかが全く判ってないんじゃないかな。

*1:ちゃんと製作はジュピター!