バッドガール 最狂の女子高生

バッドガール 最狂の女子高生 [DVD]

バッドガール 最狂の女子高生 [DVD]

原題は'Bad Kids of Crestview Academy'。「スターゲイト」シリーズ等に出演してる俳優、ベン・ブロウダーの監督・出演で贈るバイオレンス青春コメディです。主演は子役出身のサミー・ハンラティ。ショーン・アスティンジーナ・ガーションも出演してます。

名門校ながら、四年前に不幸な事件が起きたクレストビューアカデミーで、今度は三年生女子アリソンがパーティの最中に飛び降り自殺してしまう事件が発生する。事件の真相を知る為に、アリソンの妹スージーは、特に怪しい学園セレブ四人が参加する補習に潜り込むが…。

気がつくと校内に閉じ込められていた主人公たち。そして、一人、また一人と死んでいって…という展開です。

実は本作の原作がグラフィックノベルのようで、オープニングからアニメ混じりの映像が挿入される“いかにも”な演出。首チョンパ等、やり過ぎなグロ描写も多めなのも同様。

また、セレブが元州知事で今は大統領候補の女性上院議員(ガーション)の息子はともかく、ヒスパニックのゲイ男子、日系女子(このコもレズ)にアフリカ系神父の娘(でもアフリカ系に見えないビジュアル)なのに対し、ヒロインがホワイトトラッシュ風(お姉ちゃんはジャーナリスト志望ですが)という構図なのも、トランプ時代の反映…というより、一周回って逆に〜を狙ってるように感じられます。

ところが、監督のセンスがイマイチなのか、それらが余りパッとせず、逆にノイズになってて話が上手く転がっていってない、ように見えてしまってます。

そして、“実は”その2で、本作はシリーズ第二弾で、日本未輸入の(筈の)一作目が前述の四年前の事件を描いた内容みたい。キャラと役者が継続してるのは、監督のブロウダー演じる不気味な用務員だけみたいで、話も一応は独立して見られるようになってますが、やはり前作を見といた方がわかり易いのは何となく伝わって来るから残念。

そんな感じで、やりたい事は伝わるものの、ちょっと上手くいってない部分も目につく作品。予算の都合もあるのかなあ。ま、変化球気味の映画をご所望の際は手に取られても良い、かも?な作品でした。

Bad Kids of Crestview Academy (Original Score)

Bad Kids of Crestview Academy (Original Score)

  • Jeff Cardoni
  • サウンドトラック
  • ¥1500
Bad Kids of Crestview Academy (Original Score)

Bad Kids of Crestview Academy (Original Score)


curse.jp
当然、コレが下敷きですよね。