ドント・スリープ

ドント・スリープ [DVD]

ドント・スリープ [DVD]

原題は'Dead Awake'。「ドント・ブリーズ」「ドント・ハングアップ」に続く“ドント”シリーズ第三弾、というのは冗談として(w、「ファイナル・デスティネーション」「デイ・オブ・ザ・デッド」のジェフリー・レディックが脚本を書いたホラー映画です。主演は「サマー・インフェルノ」のジョスリン・ドナヒュー。「インターナル・アフェア」のジェシー・ブラッドフォードに、ロリ・ペティ、ジェス・ボレッゴ、ジェームズ・エックハウスが共演です。監督は「2:22」のフィリップ・グズマン。

誕生日に、双子の妹ベスが悪夢や金縛りに襲われ、睡眠障害に陥っている事を知ったケイト。そんな夜、ケイト自身も恐ろしげな老婆に襲われる悪夢を見て飛び起きたのだが、同じ時、ベスはベッドの上で変死していて…。

妹の葬儀で出会った、彼女を診ていたという無免許の精神科医から、睡眠麻痺=鬼婆症候群(オールド・ハグ・シンドローム)というものが昔から世界各地で伝えられてきたと教えられたヒロイン。両親や担当医が止めるのも聞かず、独自に調べ始めるが…という展開で、「ドント・ブリーズ」というより「ライト/オフ」に近い設定のお話でした。

で、眠るとJホラーチックな“鬼婆”が襲ってくる!?という基本設定は悪くないと思うんですよ。しかし、本作はその見せ方、出し方がマズかった…。階段から現れるシーンなんか、子供が降りてきたのかと間違えるようなドタドタ具合で、ちっとも恐ろしくない。

ストーリーの流れや広げ方等も同様。ヒロインのジョスリン・ドナヒューの美貌を筆頭に、役者たちの顔つきが皆イイんで、パッと見は良いんですけどねえ。
karapaia.com