フライトSOS ロスト・イン・ザ・パシフィック

フライトSOS ロスト・イン・ザ・パシフィック [DVD]

フライトSOS ロスト・イン・ザ・パシフィック [DVD]

原題は‘蒸發太平洋’(英題'Lost in the Pacific')。かなりの珍味だった「モンスター・フライト」に続いて、監督・脚本/ヴィンセント・チョウ&脚本/ピーター・キャメロンのコンビが放つスカイパニックアクションです。主演はブランドン・ラウス。共演がラッセル・ウォン、キティ・チャン、「帝戦 BAD BLOOD」のバーニス・リウといった辺り。

新型の豪華旅客機が、各国各界のVIPを載せて、リオ発香港行きの初フライトに出発。だが、行手に巨大な嵐が待ち受け、それを迂回するために南太平洋上の孤島にある小さな飛行場に緊急着陸するハメになって…。

孤島で待っていたのは謎のモンスター*1と、これまた謎の武装集団! 乗員乗客に犠牲者を出した代わりに、国連軍の特殊部隊だと自称する男女を載せて離陸した旅客機。彼らは洋上にある自分たちの秘密基地へ向かうよう指示して…。

こんな感じで、次から次に色んなネタが飛び出す内容。乗員乗客の方も同様で、それらが混ざり合っての余りの目まぐるしさに頭がクラクラ。特にブランドン・ラウス四川料理のシェフ!?と思ったら案の定…な話にも。

また、前作「モンスター・フライト」同様に、こういう内容なのに機内でのシーンはキラキラし過ぎて人工的&全く微動だにしないから、逆に見てる方は妙に不安な気持ちに…。

結局最後まで色んな事は起こるものの、何を主に見せたいのかよく判らないままという凡作。まあ、役者がそれなりな分、中身のシッチャカメッチャカさの割りには見られはするんですが。

ブランドン・ラウスは「レジェンド・オブ・トゥモロー」がソフト化されるので、そちらもヨロシク。

*1:「モンスター・フライト」に出て来たのと同じヤツ。という事は続編?!