メガ・シャークVSグレート・タイタン

メガ・シャークVSグレート・タイタン [DVD]
7/3リリース アルバトロス

原題は'Mega Shark vs. Kolossus'。今年もカリコレ2015で大好評上映中の、アサイラム社が誇るドル箱シリーズ第四弾。今回の対戦相手は何と“進◯の巨人”!?*1 主演は脇役の印象が強いイリアナ・ダグラスと「アメリカン・ティーンエイジャー」のエイミー・ライダー。監督は「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ、脚本が「MONSTER モンスター」のミチョ・ルターレです。前作「メガ・シャークVSメカ・シャーク」の感想はこちら

メカ・シャークがメガ・シャークを倒してから一年後。ブラジル、リオデジャネイロ沖で新たなメガ・シャークが孵化してしまう。瞬く間に巨大化したメガ・シャークは、警戒に当たっていた国連軍最新鋭潜水艦部隊を殲滅! 一方、ウクライナチェルノブイリで新エネルギー“レッド・マーキュリー*2”の捜索に当っていたCIA捜査官キングは、そこで旧ソ連時代に開発されていた核戦争後を想定した巨大人型戦闘ロボットコロッサスを発見する! そして突然起動したコロッサスは、街で暴れ出して…。

開始早々、メカ・シャークの後継潜水艦“ユニコーン”部隊vsメガ・シャークの大激闘! ユニコーン号の乗組員は、何故かキャッツ・アイみたいなピタピタレザースーツに身を包んだセクシーガール! ユニコーン号からはオキシジェン・デストロイヤー発射!(英語でもそう言ってました!) しかし、メガ・シャークに咥えられ、投げ飛ばされると、リオデジャネイロのシンボル・コルコバードのキリスト像に激突! 破壊!! 何とここまでが10分強という超快調さ! コレは父親譲りの駄作量産監督クリストファー・レイの最高傑作になるか!?と思われたのですが…。

ウクライナでの進◯の巨人発見のシーン辺りから雲行きが怪しくなり、米海軍に海洋生物学者(ダグラス)、謎の大富豪、更に前述のCIA捜査官と、主要登場人物が入り乱れる展開の中盤戦になる頃には、いつものアサイラムテイストなグダグダ具合に。

冒頭部分だけでなく、巨人を作ったマッドサイエンティスト捜索とか、巨人の操縦装置探しとか、メガ・シャークがあんなトコまで飛んでった!なトコとか、面白い部分も多いんですけどね。いらないキャラやシーンが多過ぎだよなあ。

あと、さすがに四作目だけあってメガ・シャークのCGはかなり良い仕上がりだったのに対し、巨人のブサイク具合は…。おかげで、クライマックスの対決シーンも何だコレ…な感じに。

まあネタにはイイんじゃないですか、という、いつもの“メガ・シャーク”シリーズでした。

メガ・シャークVSグレート・タイタン [DVD]

メガ・シャークVSグレート・タイタン [DVD]

同じくアルバトロス配給でカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015で上映された韓国製クライムアクション「最後まで行く」も同日発売なのでヨロシク。

最後まで行く [DVD]

最後まで行く [DVD]

*1:コレ、絶対アルバトロスの入れ知恵だろう…。

*2:“赤い水星”>>赤い彗星?!