ザ・トランスポーター


※予告編

原題は'El Niño'。スペイン製刑務所映画の傑作「プリズン211」の、監督・脚本/ダニエル・モンソンと主演/ルイス・トサルのコンビによるクライムアクションです。ラテンビート映画祭2014では「エル・ニーニョ」というタイトルで上映されてました。共演はイアン・マクシェーン。他のキャストはほとんど新人さんたちみたい。

モロッコから英領ジブラルタルを経由した麻薬密売ルートを執拗に追っていた刑事ヘスス。だが捜査でミスを犯し、領海パトロールのヘリのパイロットへ左遷されてしまう。一方、平凡な暮らしに退屈していた青年ニーニョは、親友の手引で密輸組織の運び屋になったのだが…。

この後は、運び屋としてこき使われるのに嫌気が差した主人公たちは、組織に黙って独自にブツを仕入れて売買をスタート。調子に乗って事業を拡大、その中で出逢ったモロッコ美女との恋も始まったが…という展開です。

序盤で“刑事”が駆る海上ヘリ vs 青年の高速ボートのチェイスという形で両者を遭遇させ、そこから一旦離れてそれぞれの行動を描いた上で、クライマックスで再び両者が…という流れはさすがに良く出来てる。

スペイン南部の美しい風景。また、モロッコのハシシ農場や、スペインから様々な商品を背負って持ち込むオバちゃんたちの姿等、日本では余り見慣れない情景も挿入されていて、映像的に非常に魅力的でした。

主人公の一人を演じるヘスス・カストロはかなりのクールイケメンだし、相手役のおネエちゃんもセクシーで、両者とも今後はワールドワイドで活躍しそう。

その一方で、お話的にはさほど意外性は無くて、そこそこ良く出来た作品どまりかな、という印象でした。見て損はしないと思いますが。


※ED曲(本編の映像も入ってます)