アザーズ 捕食者

アザーズ-捕食者- [DVD]

アザーズ-捕食者- [DVD]


※予告編

原題は'BlackJacks'(別題'Seal Patrol')。ライオンズゲート提供のホラーアクションです。主演は「ブラック・スワン」に出ていた(っけ?)クリスティーナ・アナパウに「ビッグフット・ハンター」のリッチ・マクドナルド。「グランド・クロス ジャッジメント・デイ」のローク・クリッチロウ、そしてエリック・ロバーツも出演してます。監督は知らない人で、コレが初長編みたい。

カザフスタン国境近くの施設で極秘裏に新エネルギーの開発をしていた科学者からの連絡が突然途絶えた。出資者のクロムウェルは、精鋭の傭兵部隊に霊能者の女性リサを加えたチームを現地に派遣するが…。

冒頭から匂わせ捲ってるので書きますが、新エネルギーとは平行世界とこの世を繋いで得るモノで、その中であっちの世界からモンスターまで召喚してしまった!?というお話、だと思います。

まぁ、それはいいんですが、オープニングの傭兵たちのトレーニングシーンから、映像がガチャガチャ、SEがビーンビーンとうるさいうるさい。何故システムエンジニアがパソコンを繋ぐシーンまで、カメラが回り込んでグワッグワッと音を鳴らせにゃならんのよ?!

逆に、コイツはこんなキャラで〜みたいな紹介はおろそかになってるから、序盤は話が全然頭に入って来ない。

また、この手の話だったら、前半戦は戦闘アクションに見せかけといて、実はモンスターホラーでした!という「プレデター」パターン*1で良いのに、前述のとおり冒頭からホラー映画の部分を見せすぎ&そのネタの提示の仕方がヘタクソだから、いざモンスターが現れても盛り上がり切れない。

ガンアクションは、映像はガチャガチャうるさいけど、それなりに頑張って撮ってたから、ホントはこっちがやりたい監督なんじゃないかしら。

あと、モンスターのデザインは意外に悪くなかった。あまり見せてくれなかったけど(w。それから、エリック・ロバーツの美人秘書のシャワーシーンが唐突に挿入されたりして、一応はB級娯楽映画の線で作ろうとはしてるみたいでした。

そんなこんなで凡作。エリック・ロバーツの小銭稼ぎ映画でした。

ビッグフット・ハンター [DVD]

ビッグフット・ハンター [DVD]

*1:このパターンには「バイオソルジャー」「ゾンビ・ソルジャー」といったイイ感じのB級アクションが多いし。