ノンストップ 救出

原題は'Inescapable'。「カイロ・タイム 異邦人」の監督/ルバ・ナッダ&主演/アレクサンダー・シディグのコンビによる、カナダ・南ア合作のアクションサスペンスです。共演はマリサ・トメイ、ジョシュア・ジャクソン。

取材旅行中だったカメラマンの娘が、自分の故郷であるシリアで消息を絶った事を知ったアディブ。単身シリアに乗り込み、旧友たちのつてを頼って娘を探し始めるアディブだったが…。

娘を探す過程で浮かび上がっていく主人公の正体。実はかつてシリアの工作員であり、娘はその正体を知った事で…?!という展開で、言ってみれば「96時間」みたいなお話でした。

ジャケも邦題もアクションサスペンス風ですが、前半戦はどちらかと言えばドラマ色の濃い作り。まぁ「カイロ・タイム」の女性監督だからやっぱりこんな感じか…と思ったら、真相に迫る終盤は意外にアクション度が強くなって面白かったです。

ただ、ちょっと気になるのは、あのシリアの国内描写&考証が、ホントにコレでちゃんとしてるのか?という点。そもそも、マリサ・トメイがシリア人役っていうのも…。

ま、その辺に目を潰れば、苦味のある作りも悪くないそこそこの出来になってると思います。