兵器人間

兵器人間 [DVD]
8/2リリース トランスフォーマー

原題は'Army of Frankensteins'。あの異色POVホラーアクション「武器人間」(こっちの原題は'Frankenstein's Army'、紛らわしい!)の便乗商品が登場! でも、リリースするトランスフォーマーは「ムカデ人間」を配給&DVDリリースした会社だから“ウチこそ本家だ!”と思ってるかも?(w。米オクラホマ産のSFモンスターホラーで、スタッフ&キャストは全く知らない人たちによる作品です。

プロポーズしようとした彼女の浮気現場?を目撃してしまい、意気消沈していた青年アラン。更に運悪くギャングに絡まれそうになったところに現れたのは謎の少年だった! だが、気を失ったアランが目覚めると、見知らぬ場所で実験台に乗せられ、謎の老人に左目を摘出されてしまう。何とこの老人と少年は死体を墓地から盗んでは、人造人間の研究をおこなっていたのだ!

お話は、最後のパーツ(主人公の目玉)を植え付け、遂に人造人間が完成! したかに思えた瞬間、生命を吹き込むマシンを主人公が壊してしまい、暴走。その結果、次元の扉が開き、人造人間は分裂増殖。更に主人公たちもろとも、何と南北戦争の時代へタイムスリップしてしまう!という、目まぐるしい展開です。

基本的には、たまに日本でリリースされる、アメリカの地方都市に住む好き者が一生懸命こさえた低予算の作品。役者の演技は微妙だし、色んなところに安さがにじみ出ている。テンポもユルユル。でも、本作はどこかチャーミングな印象も同時に受けました。

好印象の理由の一つは、役者たちは皆無名ながら、ちゃんと役に合った人を起用している事。特に、ほとんど女の子にしか見えないイゴール少年!

また、あちこちにイイ感じのSFマインドが垣間見えたり。オープニングの“ゾンビか!?”と思ったら、フランケンシュタインの怪物軍団登場!というシーンも良かったし、タイムスリップした先でご先祖様と対面するのはパターンですが、そのご先祖様=北軍の兵士が腕を負傷すると、イゴール少年発明のサイコガンみたいなスーパーアームが取り付けける展開もカッコ良かった。

あと、ご先祖様の恋人が黒人看護婦で、差別を受けてる彼女だけが、人造人間が持つ孤独な心をわかってあげたり。

終盤の展開も中々考えてある、んですが、コレは正直アイディアを盛り込み過ぎてグダグダに見えかけちゃってる。予算的に無理が合ったかなぁ…という気がします。

他にも色々と粗はあるけど、個人的には憎めない作品でした。

兵器人間 [DVD]

兵器人間 [DVD]

ムカデ人間 [DVD]

ムカデ人間 [DVD]

ムカデ人間2 [Blu-ray]

ムカデ人間2 [Blu-ray]