ザ・スリル

ザ・スリル [DVD]
6/6リリース トランスフォーマー


 
原題は'Cheap Thrills'。「インキーパーズ」で共演したパット・ヒーリーとサラ・パクストンが再び組んだスリラー映画です。共演は「ブラッド・ヒート 肉弾戦争」のイーサン・エンブリーに、デヴィッド・ケックナー。監督は新人さんですが、本作は各国の映画祭で絶賛されたみたい。

妻子を抱えながら、家賃の滞納で追い立て寸前、更に突然仕事をクビになり、バーで途方に暮れていたクレイグは、幼馴染のヴィンスと再会する。今の状況を彼に説明するクレイグ。そんな時、暇を持て余していた夫婦から、あるゲームの誘いを受けて…。

ゲームは、酒のイッキ飲みから始まって、旦那による無謀な“提案”に主人公たちがチャレンジ、成功すれば報酬が…というよくあるモノ。途中色々ありながらも、挑戦も報酬もどんどんエスカレートしていき、ゲームを進めるうちに主人公たちが昔から抱えていた感情も吹き出して…という流れです。

正直、そんなにめずらしくないプロットなワケですが、本作はそのシチュエーションにいたる過程に無理が無いように、ちゃんと目配せしてあって、最後まで緊張感を持って見られました。

難点というか、まぁこの手の映画にありがちなトコですが、ゲームの内容がストレートに下ネタ多めになるのは、気になる人は気になるでしょう。あと、愛犬家の方にはキツめなシーンもあるのでご注意を。