ワイアット・アープ リベンジ 荒野の追跡

原題も'Wyatt Earp's Revenge'。「トゥームストーン」ではドク・ホリデイ役だったヴァル・キルマーが晩年のワイアット・アープに扮した西部劇です。若き日のアープを演じるのは「アンデッド・ウェディング」のショーン・ロバーツ。監督は「ラストプラン」のマイケル・フェイファーです。

1907年、サンフランシスコのとあるホテルで、あのワイアット・アープが1878年に起きたある事件について、カンザスから来た記者から取材を受ける。全米から無法のガンマンが吹き溜まっていたダッジシティで保安官助手に就いていたアープ。ある夜、何者かが町長宅を襲撃するが、入院中の町長の身代りに、町に巡業に来ていた女優たちが犠牲になってしまう。その中にはアープと恋仲だったドーラも含まれていた。アープはバッジを外し、私怨のために仲間たちと悪漢どもを追い始めて…。

こんな感じで、OK牧場の決闘以前のエピソードを、キルマー演じる老アープが回想して語るという形式。なので、残念ながらキルマーの出番は少なめ。

で、この規模の作品としては頑張って本格派の西部劇なムードを出そうとしている作品でした。ガンマンが開拓民一家と触れ合い、幼い男の子に銃の使い方を教えたり、アープがドク・ホリデイと出逢ったりといった“らしい”エピソードもちょこちょこ挿入されています。

そんな感じで面白くなりそうな感じはあるんですが、真面目過ぎてちょっと退屈…という気も。これはキルマー以外、つまり本編の役者たちに総じてハナが無いのも原因かと。だって、どっちが良いモンでどっちが悪モンなのかすぐにわかんなくなっちゃうし。

あと、こういう話なら、もっと前段でアープと女優の恋愛話をある程度見せるべきだと思うんですが、これが回想として触れられる程度でほとんど無いのは不思議でした。そういう構成の方が後半の追跡劇が盛り上がったと思います。

OK牧場の決斗 [DVD]

OK牧場の決斗 [DVD]

ワイアット・アープ スペシャルエディション [DVD]

ワイアット・アープ スペシャルエディション [DVD]

トゥームストーン [DVD]

トゥームストーン [DVD]

さて、“トゥームストーン”といえばこんな作品もリリースされます。

原題は'Dead in Tombstone'。主演がダニー・トレホで、ミッキー・ローク、アンソニー・マイケル・ホール、ディナ・メイヤーが共演、でも監督がロエル・レイネ…というDVDスルー西部劇?アクションみたいですが、ホラー色が濃そう。サンプルが来ないと思われるので早めに紹介してみました。

※見ました。感想はこちら