読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねずみの騎士デスペローの物語

SAMPLE アニメ 未公開

ねずみの騎士デスペローの物語 [DVD]
12/5レンタルリリース ミッドシップ

※予告編
 原題は'The Tale of Despereaux'。ユニバーサルが2008年に映画化していた同名の児童小説原作の3D CGアニメがようやく日本でもDVD化。声優陣が超豪華で、マシュー・ブロデリックエマ・ワトソンダスティン・ホフマンにトレイシー・ウルマン。更にケヴィン・クラインウィリアム・H・メイシースタンリー・トゥッチフランク・ランジェラクリストファー・ロイド。ナレーションはシガニー・ウィーバーです。監督は、やはりネズミが主役のアニメ「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」のサム・フェル。脚色はゲイリー・ロスです。
スープが自慢のドール王国。今年のスープが発表される日、その匂いに誘われて城に潜り込んだ一匹のドブネズミのせいでお妃が死んでしまう。これに怒った王は、ドブネズミの抹殺とスープ禁止令を発令するのだった。そんな時に、城の中にあるハツカネズミの国でデスペローが生まれて…。
この後は、何かと変わり者のデスペローが城の中で寂しく暮らす姫君と出逢う一方で、問題のドブネズミ、更には姫に仕える侍女の思いが絡み合って進むストーリーです。原作は未読なんですが、そのままなのかな?
映像の方は、ハリウッドメジャーが作るものとしては水準レベルで可も不可も無い感じ。ただ、主人公が読む騎士の物語をペーパークラフト風にアニメ化したパートは中々良かったです。
ただ、出来云々以前に、全体のトーンがちょっとシリアス過ぎ。主人公以外のキャラの嫉妬や悪意がストレートに描かれ、それで話が進む作りになってるから、見ていて非常に重苦しい。
一応、主人公のデスペローはちっちゃくて可愛く、その重い雰囲気を晴らすようにはデザインされてるんですが、これに声を当ててるが今ではすっかりオジサンのブロデリックだから、ますます暗〜くなっちゃう。だってブロデリックは二十年近く前に「ライオン・キング」の大人になったシンバを演ってた人なんだもん。何で今更子ネズミの役を…という感じでした。
だから、ひょっとしたら日本語吹替版で見れば印象がガラッと変わるかも…知れない…かな?

ねずみの騎士デスペローの物語

ねずみの騎士デスペローの物語

※原作本