ドラゴン・アイズ


※予告編

 原題も'Dragon Eyes'。ジャン=クロード・ヴァン・ダムが出演してる犯罪格闘アクションです。共演は「TEKKEN 鉄拳」でマーシャル・ロウを演じていたキックボクサーのカン・リーピーター・ウェラーも出演してます。監督は「ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション」でヴァン・ダムと組んだジョン・ハイアムズ。

二つのギャング団が抗争を繰り広げ、スラム化してしまった街に刑務所を出たばかりのアジア系の男ホンがやって来る。彼は街を浄化するために単身ギャング団に戦いを挑んで…。

という感じで、実際の主役はカン・リーの方でした。ヴァン・ダムは刑務所で主人公が出逢ったお師匠様役。だから出番は少なめで、見せ場らしい見せ場もほとんど無し! 出演時間は悪役のピーター・ウェラーの方が多いくらい。

だからというワケじゃないですが、ナンとも退屈な作品でした。これは、ぶっちゃけカン・リーのルックスに映画の主役を張るくらいのハナが無いというのもありますが、ほとんどの原因はジョン・ハイアムズの演出力の無さによるところが大かと。

回想シーンを多用するなど、ヘタに複雑な構成にしたせいでストーリーは追いづらいし、善悪両方のキャラ全員に魅力を与えられてない。一番の見せ場であるはずのカン・リーのアクションも、スローと早送りを細々入れてたりと、見づらいだけで全くカッコ良く撮れてないし。

そんな感じで、ヴァン・ダムファンもカン・リーのファンも見ていてフラストレーションが溜まりそうな凡作でした。

TEKKEN -鉄拳- [Blu-ray]

TEKKEN -鉄拳- [Blu-ray]