スピーシー・オブ・コブラ

原題は'Hisss'。「サベイランス」で復活したジェニファー・リンチが、何故かインドにまで行って撮った蛇女ホラーです。主演は「THE MYTH 神話」の超絶美女マリカ・シェラワットとイルファン・カーン。VFX関係は、最近は「デッドインパクト 処刑捜査」等、本編の監督業の方が目立ってるロバート・カーツマンが担当してます。

古代からインドに伝わる蛇神ナギンの伝説。メスの蛇であるナギンの体内にあるという不老不死の力を持つ魔石を手に入れる為に、脳腫瘍で余命三ヶ月と診断された白人ステイツは伝説をなぞるべく、現地の人間の反対を押し切って、インドの山奥でナギンとつがいのオスコブラを捕獲する。ステイツの目論見どおり、ナギンは美女の姿に変身して街へ降りて来るのだが…。

コレはヘンテコな映画でした。IMDbのジャンルはコメディになってますが、単純にそういうのとも違う。インドの熱気、毒気にあてられて、父であるデヴィッド・リンチから受け継いだ、ジェニファーのカルト作家遺伝子が爆発した! みたいな作品。

とにかく普通のモンスターホラーとはリズムが違う。人間に襲い掛かる時は巨大コブラに変貌するんですが、最初の犠牲者になるボンクラ男(パメラ・アンダーソン好きw)を食べてお腹ぽんぽこになったヒロインがひと眠りしてると、何故かBGMが泣きのギターになったり。突然夜中に目覚めると、街灯にポールダンスよろしく裸でよじ登ったり。あと、もう一方の主役であるカーン演じる刑事のボケた継母の存在も不思議だったなぁ。

それと、インドの街自体がそうなのかも知れませんが、全体的にパステル調の色づかいになってるのも不思議な気分を助長させる。インドが舞台という事で、唐突に群舞シーン、アクションシーンも挿入されて、いよいよ頭が混乱してきます。

VFX関係はロバート・カーツマンが担当してるだけあって結構な出来。ただ、上記の色んなシーンが間に入る分、モンスターホラーとしての見せ場はそれほど多くはなかったです。

あとは、おそらくはボディダブルが多いと思うんですが、ふんだんに出てくるヒロインのおヌード! ただ、期待したようなフェティッシュなセクシーさは薄めだったかな? この辺は、刑事の奥さん役のDivya Duttaという女優さんの美しさで相殺?

そんな感じで、普通のモンスターホラーを期待すると何じゃこりゃ!? 状態になると思います。しかし、ベースは東洋の民話そのままなので、欧米人より自分らの方が理解しやすいだろうし、色々と判った上で見ればオモシロ要素はふんだんにあるんで、非常に興味深い作品かなと思います。

サベイランス [DVD]

サベイランス [DVD]