ギプスの女


10/22レンタルリリース ミッドシップ


※予告編

原題は'Quid Pro Quo'。ニック・スタールヴェラ・ファーミガ主演で贈るサスペンスドラマです。監督・脚本のヒトは新人さんみたい。

幼い頃に交通事故に遭い、以来車椅子での生活を余儀なくされたラジオレポーターのアイザック。ある日彼は一通のメールから、身体的麻痺に憧れる健常者たちの集いがある事を知る。そしてメールを送ったフィオナ自身も、ギプスや車椅子での生活に憧れる女だった…。

見る前は、IMDbのジャンルもスリラーになってるし、ギプスを着けないと性的に…みたいな、クローネンバーグ的なド変態ストーリーを勝手に想像。しかし実際は、身体的、精神的に満たされなかった男女が出逢って…という、変則的とはいえ恋愛ドラマの色が強い内容でした。

スリラーと言えるのは、身体完全同一性障害とも微妙に違う(気がする)欲求を持った、サイコパスぎりぎりのヒロインの存在くらい。「エスター」のせいか、ヤバいヒトに翻弄されるイメージが強いヴェラ・ファーミガの、怪しさ漂う演技は中々にセクシーでしたけど。

全体の作りは、ニューヨーク製映画らしいナイーブな雰囲気。映像もキレイで女性向けといえるかも知れません。

役者の演技も良いし、自分みたくヘンな期待を持たなければ満足出来る拾い物レベルの作品でした。

ギプスの女 [DVD]

ギプスの女 [DVD]

エスター [DVD]

エスター [DVD]