ダスク・オブ・ザ・デッド

ダスク・オブ・ザ・デッド [DVD]
11/3リリース ジェネオン・ユニバーサル

原題は'Splinter'。以前からホラー映画好きの間で話題になっていたトゲトゲ人間ホラーが遂に日本上陸! 主演は「ブレイド ブラッド・オブ・カソン」のジル・ワグナー、「ロード・トリップ」のパウロ・コスタンゾ、そして「ワイルド・スピードMAX」のシェー・ウィガム。監督は、本作の後「呪怨 ザ・グラッジ3」を撮ったトビー・ウィルキンスです。

キャンプの為、山あいの田舎町へやって来たセスとポリー。ところが帰宅途中の道すがら、見るからに怪しげなカップルに脅され、無理矢理車に同乗されてしまうが、タイヤはパンク、エンジンもオーバーヒート。仕方なくガソリンスタンドに立ち寄った四人だったが、そこには全身トゲだらけの死体が! しかもその死体は突然甦り、彼らを襲って来た!!

ゾンビウイルスがトゲ状の謎の生物に変わっただけで、基本的にはゾンビホラーの亜種といった作り。死体に襲われた主人公たちはガソリンスタンドに籠城、いかにして脱出、撃退するか? という、こちらもありがちな展開です。

ところが! 本作のキモであるところのトゲトゲ人間が面白ーい!! 古典的なノロノロゾンビとも、今時のダッシュ系ゾンビとも違う、何とも言えない不思議な動き! 判りやすく言うなら、ずーっとジョジョ立ちしたまんま攻撃してくるみたいな。ドラクエふしぎなおどりにも近いかも。そんなキテレツな動きをしながら、襲った人間を引き裂く! 引き千切る!! そして伝染したトゲによってまたくっ付く!!! 更には、動かしてるのはトゲという事で、体がバラバラになっても動く! 特に腕のみで動くシーンの秀逸さったら!!

ドラマ部分も、序盤からトゲにまつわるネタを小出しに見せてくのがニクいし、籠城してから露見、変化していく主要キャラの人間性や関係性も面白い。終盤の展開も考えてある!

襲撃シーンになると今時の手ブレ系ガチャガチャ映像になって、正直見づらいったらありゃしない。でもこれも、他の部分の出来が良いから、モンスターの全身を簡単には見せないようにしてるアイディアに取れました。まぁ予算もそんなに掛かってないんだろうし。

グロ描写は相当。結構おキレイかつスタイルの良いジル・ワグナーが、全編キャミ&ホットパンツ姿でワーキャー言ってくれるから、エロ方面も及第点。これは今年の未公開ホラーの中では屈指といえる作品ではないでしょうか。オススメ!

呪怨 ザ・グラッジ3 [DVD]

呪怨 ザ・グラッジ3 [DVD]

評判悪いから結局見てないんだけど、見た方が良いんでしょうか?