読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛ルーキーズ

恋愛ルーキーズ [DVD]

恋愛ルーキーズ [DVD]

原題は'School for Scoundrels'。「ハングオーバー!」のトッド・フィリップスが2006年に撮ってたラブコメディです。主演はジョン・ヘダービリー・ボブ・ソーントン。ヒロイン役はジャシンダ・バレットで、マイケル・クラーク・ダンカンルイス・ガスマン、そしてベン・スティラーが共演してます。「夢の中の恐怖」「カインド・ハート」のロバート・ハーメルによる1960年の同名イギリス映画のリメイクみたい。

緊張の余り、失神してしまうほどの気弱男、ロジャー。やる事なす事上手くいかない彼は、紹介されたドクターPのセミナーに通う事に。ドクターPのハードかつワイルドな授業の成果か、次第に自信を得ていったロジャーは、以前から憧れていたアマンダとの初デートにまでこぎつけるのだった。ところが、何故かドクターPまでアマンダに接近し始めて…。

ジョン・ヘダー定番のヘタレ男コメディ。序盤は、大爆笑の連続だったこれまでのフィリップス監督作とは違い、主人公の成長を描いた、ちょっとドラマ色の強い内容かなと思ったら、ヒロインをめぐるヘダーVSソーントンの対決が始まった途端、その持ち味を発揮! やり過ぎだろ!! と言わざるを得ないドタバタギャグが次々に展開していきます。

また、ヘダーだけでなく、セミナーに集まったヘタレ男たちが繰り広げるギャグも最高! 更に強面に見えるストリートの黒人たちだって実は…といった上手い展開も随所に。

それでいて、戦わなければ男じゃない! という精神を叩き込まれた主人公が、それを活かして恩師に立ち向かうという展開は、擬似的な親殺しストーリーとも言えて、単なるバカコメディとは一線を画している。序盤で張り巡らされた伏線の回収とかもさすがだなぁ。

特別出演的に登場のベン・スティラーは当然として、ドクターの助手役のマイケル・クラーク・ダンカンの扱い方も上手い。アメコメ好きなら必見の快作だと思いました。

さて、トッド・フィリップスの次回作は、アメリカでは今冬公開予定の'Due Date'! 何とロバート・ダウニー・Jr.と「ハングオーバー!」のザック・ガリフィナーキス主演!

※'Due Date'の予告編

共演もミシェル・モナハンジュリエット・ルイスジェイミー・フォックスアラン・アーキンに…と、コレつまんないワケないじゃん! これはさすがに日本でも劇場公開されるんじゃないでしょうか。と、超楽しみなんですが、噂ばかりの「アダルト・スクール」の続編は一体どうなった?! 次は「ハングオーバー!」の続編みたいだけど、そっちも早く作ってくれ!!