ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト 鮮血の美学

原題も'The Last House on the Left'。ウェス・クレイヴンの監督デビュー作「鮮血の美学」をリメイクしたバイオレンススリラーです。主演はトニー・ゴールドウィンとモニカ・ポッター、そして「愛しのアクアマリン」のサラ・パクストン。監督はギリシャ出身のデニス・イリアディスというヒト。

両親と共に湖畔の別荘へやって来たメアリー。着いて早々、昔なじみのペイジの下を訪れたメアリーだったが、運悪く脱獄犯クルーグの一家に拉致されてしまう。山道を走る車の中、メアリーは隙を見て逃げ出そうとしたのだが…。

こんな感じで、細かい変更点はありますが、基本的に「鮮血の美学」と同じストーリー展開で進んでいきます。

良くも悪くも低予算ホラーらしくザックリした作りだった「鮮血の美学」に比べ、今回のリメイク版は非常に描写が丁寧で地に足の着いた印象。おかげで、レイプシーンはエロさなどほとんど無く、居心地の悪さがより深まってるし、終盤の大逆襲も両親の心情に説得力が増しています。

ただ、その丁寧さのせいで、ストレートなホラー映画を期待すると少々タルく感じられる部分もあるかな。暴力シーンも、一つ一つは今時のスリラー映画らしい相当ハイレベルなエグさ*1だし、すんごく痛いんですが、畳み掛けるような迫力! というのはちょっと味わえなかった。

それでも見ごたえ十分な良作なのは間違いありません。ホラー/スリラー映画ファンは必見という事で。

ちなみに日本ではブルーレイ版の発売の予定は無いみたい。環境の整ってる方は日本語字幕付きのUK盤を買われるのが吉!

イリアディス監督が本作に抜擢されるきっかけとなった、ギリシャ時代の作品'Hardcore'の予告編。実は輸入盤で視聴済み。美少女二人の青春暴走ストーリーという定番のプロットだし、映像も中々キマってるから、どこか日本でもDVD化すればいいのにと思ってるんですが。

鮮血の美学 [DVD]

鮮血の美学 [DVD]

処女の泉 [DVD]

処女の泉 [DVD]

リメイク元の「鮮血の美学」と、更にその元ネタの「処女の泉」もどこか再発してくれないものか。
鮮血の美学(プレミアム・エディション) [DVD]

鮮血の美学(プレミアム・エディション) [DVD]

※再発来ました! でも高い…。

*1:特にラスト!