クライモリ デッド・リターン

原題は'Wrong Turn 3: Left for Dead'。「クライモリ」シリーズの正統第三弾!!! 主演は「CHAIN チェーン」のトム・フレデリックと「ヒルズ・ラン・レッド 殺人の記録」のジャネット・モンゴメリーです。

あのウェストバージニアの森でラフティングに興じていた大学生たちが人喰い一家の餌食に! それから二日後、そこを通り掛った囚人護送車もまた一家に襲われ、横転。辛うじて助かった看守と囚人たちは森からの脱出を試みるが、彼らの前に生き残っていた女子大生のアレックスが現れて…。

シリーズも第三弾という事で、始まって五分、何の説明も無しに殺戮開始! オッパイを披露してくれた巨乳ギャルの目玉を矢が貫通! アンちゃんたちは脳天串刺し! 三枚おろし! もう盛り上がり捲るオープニング!!

そして、文字通りにメインディッシュとして凶悪犯が森に放たれた中盤以降は、一家vs凶悪犯どもとの壮絶なバトルが展開する、と思ったんですが…。

実際は“手錠のまゝの脱獄”チーム内での抗争がメインで進みます。まぁ中だるみしそうになると、一家が襲ってきてくれるんですが、うーん、期待した展開とはちょっと違ってたなぁ。

そして、コミカルさも含めてやたら勢いがあって楽しかった第二作「デッド・エンド」の方が、少なくとも個人的な好みからすれば上でした。

とは言え、残虐描写には念が入ってるし、酷評が目立つIMDbの点数ほどヒドい出来ではないとは思います。

※劇中、何故かこの映画の言及あり