読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャビン・フィーバー2


※予告編

原題も'Cabin Fever 2: Spring Fever'。イーライ・ロスの初監督作「キャビン・フィーバー」の続編が登場! ただし監督はタイ・ウエストという新人に交替。キャストも引き続き出演してるのはアホ警官役のジュゼッペ・アンドリュースくらいかな?

高校のプロムパーティが開かれる夜。生徒たちが様々な思いを抱えながらパーティはスタートとしたのだが、会場となる体育館にはあの殺人ウイルスが混入したミネラルウォーターが大量に持ち込まれていた! 徐々にに発症者が増えていく中、会場周辺は特殊部隊に包囲されて…。

という感じで完全な続編、なんですが、特に始まって30分くらいはホラー映画らしいシーンはほぼ皆無。オフビートというか悪ノリというか悪趣味というか、とにかくひと味変わったテイストの学園コメディとして話が進んでいきます。

例えば、ひと気の無い夜のプールでチョメチョメ…というお約束のシーンでは、ヌードになるのはかなりボリュームのあるおデブちゃんというひねくれ具合*1

実はこの作品、二年前に既に完成していたものの、製作会社が公開を保留。そしてようやく公開されたと思ったら、監督に無断で再編集したバージョンなんだとか。まぁ前半の展開を見たら、純粋なホラー映画を期待したであろう製作会社側が怒るのも理解出来るかなという感じはしますが、この再編集のせいなのか、ストーリーのぶつ切り感が露骨で、少なくともお話面では食い足りない作品でした。

それでも“これを撮った監督のセンスは悪くはないな”と思わせるシーンは多々。そして肝心のホラー描写も、いざそういう展開が始まったら、前作に引き続いてのドロドロ&グチョグチョ大会! 血反吐大量発射! 切り株シーンまで!

そんな感じなので、ホラー映画ファンはやはりチェックが必要な作品なんじゃないでしょうか。あと、監督の今後の作品には一応注目していきたいですね。

キャビン・フィーバー スペシャル・エディション [DVD]

キャビン・フィーバー スペシャル・エディション [DVD]

*1:ちゃんと判りやすいおネエさんたちのヌードもありますよ。