読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナル・デッドゲーム


1/22レンタルリリース AMGエンタテインメント


※予告編

原題は'The Black Waters of Echo's Pond'。先日開催されたホラーフェス*ジャパン2009では「マーダーゲーム 殺意の連鎖」というタイトルで上映されたホラー映画です。出演は、「ハロウィン」のダニエル・ハリスや「プラネット・テラー」の双子ちゃん、アヴェラン姉妹といったジャンル映画の脇役俳優たちに加えて、ロバート・パトリックも参戦! 監督は「インパクト・ゼロ」のガブリエル・ボローニャですが、The Asylumの作品じゃないですよ。

休日を過ごすために、とある孤島に集まった九人の男女。偶然、屋敷の地下室に隠された古びたボードゲームを見つけた彼らは、暇つぶしにプレイしてみる事に。だがそれは、紀元前の遺跡から発掘された悪魔のゲームだった!

ゲームの内容は、引いたカードに指示された告白をしなければならないというもの。それによって、これまで仲間たちに隠してきた真実が明かされ、悪魔が見せる幻影も後押しし、疑心暗鬼に。そして遂には殺し合いに…というお話です。

正直、前半の展開はかなりモタモタしてるんだけど、殺戮シーンの残虐度は結構なモノ(チェーンソーも出るヨ!!)だし、オッパイのサービスもちゃんとアリ。「インパクト・ゼロ」の監督が撮ったにしては上出来な部類じゃないでしょうか。お暇な時に…といったところです。

プロットを聞いた時はホラー版「ジュマンジ」かと思ったんですが、見たら余り関係無かったです。