マックス・ペイン


※予告編
 ゲームなら自分で操作してる分ギリギリ許せても、映画にしたら何とも陳腐な感じに見えるシーンが多かったなぁ。いかにもゲームっぽい固有名詞も含めて。
マックスペイン』といえば“バレットタイム”なワケですが、そういうこれみよがしなスタイリッシュアクションも今じゃ時代遅れだし、本筋の硬派な刑事ドラマからは浮いて見えちゃった。ヒドい出来ってほどでもないですけどね。五年前に作ってたらなぁという印象。
ミラ・クニスオルガ・キュリレンコのエロエロ姉妹の出番ももっと欲しかったところ。