三国志


※予告編
 趙雲子龍視点から『三国志』を描くというのは悪くなかったと思うんだけど、そのアレンジの仕方というか、話の端折り方が不味くてヘンな映画になっちゃってました。
サモ・ハンが単なる足手まといのオッサン役だとか、兜が英国軍風の鍋の蓋みたいでカッコ悪いとかも気になるし、何よりサモ・ハンがやったにしてはアクションシーンに魅力が乏しいのが残念。
どうせ大作感では「レッドクリフ」に敵うワケがないんだから、徹底してマンガみたいな映画にすれば良かったと思います。琵琶を片手に、PETAに怒られそうなコートを背負って登場した時は“オオッ(w”と思わせたマギー・Qをもっと活かすとかね。
香港で二番煎じ映画を撮るなら、やはりバリー・ウォンに限るというのが結論です。
三国志 [Blu-ray]

三国志 [Blu-ray]