読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Back to School(バック・トゥ・スクール)

DVD 輸入盤



※予告編
 ロバート・ダウニー・Jr.補完計画第一弾!! 2007年にアメリカでリリースされた"EXTRA-CURRICULAR EDITION"を購入!! と言っても、ビデオが出た直後に見たっきりでどのくらいの出番だったかはさっぱり覚えてないから少々心配でした。
で、実際のダウニー・Jr.の役は、主人公の成金オヤジのサエない息子のルームメイトで、トンでるパンク野郎。本作の翌年に出演した「レス・ザン・ゼロ」に繋がる役どころで、メインストーリーには絡まないものの要所要所で十二分に見せ場があって大満足。
ダウニー・Jr.の相棒(逆か)を演じるキース・ゴードンは後に監督業に進出。隠れた良作「真夜中の戦場 クリスマスを贈ります」を撮ってたり、最近では「デクスター」にも演出で参加。ダウニー・Jr.とも「歌う大捜査線」で監督と主演俳優として再びコンビを組んだのはイイ話です。
映画そのものは、息子の方と同世代だった初見の時は息子を心配する余り自らも大学に入学してしまうオヤジがウザく感じられた記憶があったんですが、そのオヤジの歳に近くなってから見てみると、コイツそんなに悪い事してないじゃんという印象に。入学するのも単なる親バカからではなく、現場の叩き上げの誇りは持ちながらもどこかで学に対するコンプレックスを持っていた為、というのも良いなぁ。
全体的にも予定調和ではあるけれど、きっちりまとめられてて楽しめました。来年リメイク版が公開予定の様ですが、アプローチ次第では期待出来そうです(シナリオ次第だろうなぁ)。
主人公の運転手兼用心棒兼唯一の親友役でバート・ヤング、学長役でネッド・ビーティ、セレブ生活を押し付けて離婚されてしまう主人公の後妻役でエイドリアン・バーボーも出演。
そして何とカート・ヴォネガットも出てるんですねぇ(五秒くらいだけど)。このDVDには出演時間より長い特典映像(プロデューサーのチャック・ラッセルが自慢話をするだけ)も収録されてます。
更には音楽担当はダニー・エルフマンで、彼のバンドであるオインゴ・ボインゴのライブシーンもあり!
さて補完計画の方ですが、日本でDVD化されてるのはもちろんですが*1、とりあえずはキャリア初期の「ジョニー・ビー・グッド」や「1969」、「トゥルー・ビリーバー」の輸入盤を購入する予定にしてます。
関係無いですが、これと一緒に「ヤング・ソウル・レベルズ」のDVDも購入したら、Amzon.comのレコメンドが黒人ホモ映画で埋め尽くされて焦りました。

※「ヤング・ソウル・レベルズ」の予告編

歌う大捜査線 [DVD]

歌う大捜査線 [DVD]

*1:今日もブックオフで「エア・アメリカ」を買いました。