アイ・アム・オメガ

アイ・アム・オメガ [DVD]
5/2レンタルリリース ファインフィルムズ

原題も'I Am Omega'。お待ちかね、The Asylumが放つ「アイ・アム・レジェンド」の便乗商品です。“地球最後の男”に扮するのはマーク・ダカスコス! 監督は「ナイトメア・ミュージアム」のグリフ・ファースト。

ロサンゼルス郊外の山に引き籠り、妻子や愛犬の写真に見守られながら、ゾンビの様な化け物たちとの戦いを一人続ける男、レンチャード。そんなある日、パソコンのテレビ電話に見ず知らずのブリアナという女性から救援コールが入る! 彼女がいるのは化け物の密集地帯であるダウンタウン地区。そこから数千人の生存者がいるというアンテオケという土地まで連れて行って欲しいというのだ。だが何故かそれを断るレンチャード。やがてアンテオケから来たと言う武装した二人組が現れ、ブリアナこそが唯一のウィルス抗体を持つ人間だと告げる。そして無理矢理レンチャードを救出に連れ出して…。

潔いと言うか何と言うか。どうせ本ネタや「28日後...」のパクリなんだから、わざわざ説明しなくても判るだろ? とばかりに、現在の状況や化け物の正体の説明が一切無し! 更に何故主人公が一人なのか、ヒロインが街のど真ん中にいるのか、彼女だけが抗体を持っているのか等々の説明も無し! おかげで化け物にやられたらどうなるのかも判らないから、緊張感も全く無し!

更に更に、主人公が一人でこそこそ何かやってるなぁと思ったら、何とLA全体の爆破を考えていた! という衝撃の事実が唐突に判明。って、一体どれだけの爆薬を使えば爆破出来んのよ? 一応タイムリミットまであと何分!? みたいなお約束な流れになるんですが、これも説得力ゼロなモンで盛り上がりようが無い!

とは言え、流石は腐ってもダカスコス。彼が得意のマーシャルアーツで化け物の大群と戦うシーンはそれなりに見応え有り。何とヌンチャクまで持ち出すゾ(余り上手くない)。ヒロインを救出し、立体駐車場を舞台に大立ち回りを繰り広げるシーンは、ドリフ的なギャグ感も有って、不覚にも見入っちゃいました。

そして実は悪モンだった二人組がダカスコスからヒロインを奪い取り、‘こいつがいると元の世界に戻っちまう! あんなヤワな連中が幅を利かす社会よりも、弱肉強食の今の方が理想の世界だ!’と叫ぶシーンにも思わずオオッとなった。こいつの意見に賛成する訳じゃないけど、この作品の中で唯一説得力のある場面だと思います。そしてそれを叫ぶ屈強なオッサンを演じてるのが脚本家自身というのも良いね。とてもThe Asylum屈指のサイテー映画「ユニバーサル・ソルジャーズ アルティメット」の脚本を書いたヤツとは俄かに信じ難い。

オチも平凡だし、全体的に見ればロクなモンじゃないけど、亜ゾンビ系ホラーアクションとしてはそれなりに見どころのある作品なのではないでしょうか。

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

アイ・アム・オメガ [DVD]

アイ・アム・オメガ [DVD]