読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッド・イノセンス

レッド・イノセンス [DVD]
9/7リリース インターフィルム

原題は'The Good Shepherd'。今秋日本でも公開されるロバート・デ・ニーロ監督作と同名異作のサスペンス映画です。主演はクリスチャン・スレーター

教会内で殺人事件が発生。被害者は元男娼の青年、そして容疑者は神父だった。将来を嘱望される若き司祭ダニエルが容疑者の接見相手として指名されるが、神父は容疑は否認するものの、現場で起こった事については沈黙するばかりだった。ダニエルが事件と教会に何かが隠されると感じ、調査を始めるのだが、神父が獄中で自殺してしまう。そして、尚も調査を進めようとするダニエルに何者かの介入が入って…。

結構スキャンダラスでサスペンス映画としては格好のネタだと思ったんですが、どうにも真面目過ぎるというか、全体に陰気なテイストで、盛り上がりに欠ける内容でした。スレーター主演作なんだからアクション要素を入れるとか、猟奇的な描写を見せるとかがあれば全然印象が違ったと思えるだけに勿体無いなぁ。

そもそもスレーターがちっともエリート司祭に見えないのも問題。「薔薇の名前」に出てたのに! ヒロイン格で女記者役のモリー・パーカーも余りパッとしなかった。「PURE」の最低ジャンキーママを熱演してたのが懐かしい感じです。もう一人、スティーブン・レイも出てるんだけど、最後まで一体どんな役回りが判んないなぁと思ったら…!?

とにかく微妙な作品でした。トレーラーは良い感じだったので騙されて見る人が多そうだけに、本当に残念です。

薔薇の名前 特別版 [DVD]

薔薇の名前 特別版 [DVD]