読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックブック

ブラックブック [DVD]

ブラックブック [DVD]

何時もの奇才という呼び方じゃなくて、文字通り巨匠!!と呼びたくなるポール・ヴァーホーヴェンの七年ぶりの堂々たる新作。似た様な題材なのに、まるでハーレクインロマンスみたくなってた「嵐の中で輝いて」と比較すれば、如何に監督の力量が素晴らしいかが良く判ると思います。

ハリウッドに渡ってからの作品も嫌いじゃないけど、オランダ時代の作品の方が好きな自分としては、母国に帰った事で、その辺の匂いが戻った事も嬉しいなぁ。

これでヴァーホーヴェンがエログロ大好きの基地外親父じゃない事が若い人にも判って貰えるでしょう。

というのは間違いで、エログロ大好きなだけじゃない基地外親父、というのが正しいですね。

だって本作でも、ヒロインがナチス将校に近付くのにアンダーヘアを脱色するシーンをしつこく撮ったり、終盤に唐突なスプラッタ表現をしたり、巨乳女鬼看守を出したり、ヒロインを糞尿塗れにしたりと、何時ものヴァーホーヴェンテイスト全開なんだもの(w。

女王陛下の戦士 [DVD]

女王陛下の戦士 [DVD]

※オランダ時代の代表作。※とか言いつつ、嫌いじゃなかったりする。